TripAdvisor

トリップアドバイザーの口コミ情報をテーマごとに再編集。旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン!

奇岩、奇観が目白押し! 大鍾乳洞・秋芳洞で地底探検

暗くてちょっと不気味だけれど、地球の神秘を感じさせる鍾乳洞。なかでも約8700mという日本屈指のスケールを誇るのが、山口県美弥市にある秋芳洞(あきよしどう)です。古くから地元の人に「瀧穴」と呼ばれて親しまれてきましたが、1926(大正15)年、昭和天皇(当時は皇太子)が「秋芳洞」と命名しました。いったい、どんな景観が待っているのでしょう? 

高さ20m! 正面入口からいざ内部へ

秋芳洞の入口は「正面入口」と「黒谷入口」、その中間に位置する「エレベーター入口」の3種類があり、正面入口から入る場合は「上りルート」と呼ばれます。入館料は1200円ですが、20名以上の団体での入場の場合は安くなるので、大人数での観光もおすすめ。高さ20mもある大きな入口からいざ内部へ進んでいきましょう。

じんべえざめさんの投稿写真

進 野さんの投稿写真

萩への一人旅で訪問。レンタカーで秋吉台を越えて1時間ほどで着く。入口がいくつかあるが、観光案内所の近くの有料駐車場において、洞窟内を往復した。アイタカさんの口コミ
近隣には有料駐車場がいくつかあります。駐車場から秋芳洞の入り口までは飲食店、お土産やさんがいくつか軒を連ねています。ktyngさんの口コミ

天井に映る青い光 「青天井」

正面入口から入って、まず最初の見どころが青天井です。水面の青さが天井に反射して青く光ることから、このように名付けられたとか。このエリアは高さ30m、幅50mと秋芳洞のなかでも最大の広さを誇ります。天井が青く光って見えるかどうかは、鍾乳洞の入口から差し込む光の量に左右されます。条件が揃わなければ見られない美景です。

おさるNo1さんの投稿写真

41年前にはなかったのは入り口すぐの「青天井」付近にある「冒険コース」で、300円を追加すると懐中電灯を貸与され、ややスリルあるコースを歩くことができた。館さんの口コミ
青天井と百枚皿の中間あたりにある一面の水鏡に映る岩肌は、じっくり見ていると無限の深さのある深淵のように見え、なかなか神秘的でお勧めです。Halki_Kさんの口コミ

洞内に大量のお皿? 「百枚皿」

青天井を抜けると現れるのが、階段状にずらりと石が連なる百枚皿。いくつもの皿が重なっているように見えることから名付けられましたが、実際は500段にも及びます。段の中腹から流れ出る石灰水が波紋状に固まって現在の形となりました。

みるく733851さんの投稿写真

おさるNo1さんの投稿写真

何度も鍾乳洞にはいきましたが、ここのは規模が違う。それに圧倒されます。特に百枚皿。入場料は高めですが、ぜひ一度訪れたい場所です。nyagota_kuroさんの口コミ
百枚皿等の石灰で作られた作品の数々。水が洞窟をこれからも浸食して広げたり、数々の鍾乳石の作品を作ってゆくのだと思いをはせ、孫に手を引かれながら恐竜が棲んでいるかも?と話したりして歩き、良い思い出ができました。rikky88さんの口コミ

秋芳洞にそびえる富士山 「広庭(洞内富士)」

百枚皿を過ぎ、先へ進むと広いスペースに出ます。目を惹くのが、洞窟内にそびえる、まるで富士山のような形をした鐘乳石。天井から滴り落ちる水に含まれる炭酸カルシウムが、長い年月をかけて固まってできたものです。洞内富士は他の鍾乳洞にも見られますが、広庭のものは他と比べてもかなり大規模なものです。

Muka_85さんの投稿写真

人気な富士、黄金柱以外にも見所が一杯あり、シャッターが止まりませんね。今回も感動的でした。祈梨 伊さんの口コミ
最後のほうの黄金柱までの上り階段は割りと急です。足腰が弱い方は注意されたほうがいいかもしれません。洞内富士など、広くなっている場所にはベンチが置かれているので、ここで待っとくから見ておいで、というのもアリだと思います。たいたいさんの口コミ

頭上を見上げると傘がいっぱい! 「傘づくし」

さらに進んでいくと、つららのように垂れ下がる鍾乳石の大群が。こちらは傘づくしと呼ばれており、昔の傘屋のように、天井から大量の傘が吊るされているように見えることから名づけられています。

yoshitaka4729さんの投稿写真

自然にできたとは思えないくらいすごく、もっと全国にアピールすべきと思う。感動する事の一つだと感じました。美しい黄金柱、傘づくし等 まさに神秘的な景観の連続です。yoshifuku0928さんの口コミ
傘づくし等 まさに神秘的な景観の連続です。おすすめのコースは、入り口から数々のスポットを見学し、終点近くの黒谷口のエレベーターを一度登り、外に出て秋吉台(日本最大級のカルスト台地)を散歩しながら見学、再度黒谷口エレベーターを下がり、入り口に戻るコースがおすすめです。薩摩の龍さんの口コミ

そのスケールに圧倒! 「黄金柱」

頭上に広がる傘づくしの先には、黄金柱と呼ばれる石柱があります。全体の迫力もすごいですが、中心の太い石柱からいくつもの細い石柱が広がっており、細かい模様も楽しめます。ここには「エレベーター入口」もあり、秋吉台の展望台へ繋がっているため、この入口から入洞する方も多いようです。

おさるNo1さんの投稿写真

wenz885さんの投稿写真

やはり圧巻は黄金柱で、「1cmに150年」と言われるとそのあまりにも長い時間経過に驚くほかはない。館さんの口コミ
子供の頃行って二度目でした。鍾乳洞は数か所見ていますが さすが日本一。中は広くて 自然の造形美に 大感動しました。黄金柱は特に印象に残っています。SAKURAGAOKA_12さんの口コミ

洞窟にそびえる大きな人影! 「巌窟王」

黄金柱を過ぎると、何やら大きな人のようなシルエットが見えてきます。こちらが巌窟王と呼ばれるスポットで、今までにはないゴツゴツとした岩肌は、石筍(せきじゅん)と呼ばれる鍾乳石が幾重にも重なって形成されたものです。

 

kkashiさんの投稿写真

日本屈指の鍾乳洞で、総延長は8キロを超えます。観光コースは1キロ前後ですが、千枚皿・黄金柱・厳窟王等の圧巻な光景に自然の力を再認識します。非常にスケールが大きい鍾乳洞です。☆じゅんぺい☆さんの口コミ
洞窟の規模が大きくゆったり歩ける所や、屈まないと歩けない起伏に富んだ所など、とても変化に富んでいます。百枚皿や黄金柱、岩窟王などの見所も期待を裏切らず素晴らしいです。tk7777さんの口コミ

ふわふわ浮かぶくらげの大群!「くらげの滝のぼり」

巌窟王の次は、「くらげの滝のぼり」と呼ばれる石筍を見ることができます。たくさんのくらげが天井に向かって浮いていくような造形は、自然にできたものとは思えない光景です。このくらげたちも、石灰を含む水滴が時間をかけて重なり、長い年月をかけて作られたものです。

DDS.LOさんの投稿写真

yoshitaka4729さんの投稿写真

自然の織りなす不思議な造形美に圧倒されっぱなしでした。クラゲの滝登りとか、命名の仕方も面白いと思いました。らむぴょんさんの口コミ
クラゲの滝登りなどの形が有名ですが、あちこちに見どころがあります。洞窟の中は常に17度に保たれているようなので、夏ははおりものがほしいかもしれません。akapu70さんの口コミ

秋芳洞

バブル評価 5 段階中 4.5
美祢市の観光スポットで23件中1位

秋芳洞の主な見どころをたどってきましたが、まだまだたくさんの奇岩や鐘乳石があります。長い歴史をかけて完成された自然が作り出す芸術を、ぜひ肌で感じてみてはいかがでしょうか。

Menu